ビットコインは電子マネー?

ビットコインって言葉、最近よく聞きますよね。電子マネーみたいなもの?と多くの人が思うのでしょうが、ちょっと違います。電子マネーというのは、その国の中央銀行が発行したお金をデジタル化して使えるようにしたものです。例えば日本円だったら、一ポイントが一円で換金され、等価の通貨として使われます。でもビットコインはそういうものではないのです。なぜなら発行しているのは中央銀行ではありません。世界中のコンピューターが日々創り出しているもので、その価値も需要と供給の中で自動的に決定されています。

ビットコインはどうやって生まれるのか

ビットコインが発行される仕組みは非常にユニークです。各ビットコインは、特定の「難しい問題」を解くことで発行されます。最初に問題を解いたコンピューターにコインが割り当てられるのです。その難しい問題の内約ですが、ずばり「ハッシュ値」の計算です。あるデータからハッシュ値を計算するのは一瞬でも、そのハッシュ値に該当するデータを割り出すのは天文学的な時間がかかる、という性質を利用しています。なので、世界中で高性能なコンピューターが、しのぎを削って計算しているわけです。

ビットコインが安全な理由

ビットコインは中央銀行を介さず、世界中のコンピューターが発行しているお金なのですが、それって大丈夫なの?と思う人もいるかもしれません。しかしこれもユニークな仕組みで信頼が確保されています。その信頼を確保する仕組みのことを、ブロックチェーンと言います。ビットコインを発掘したり、コインを使って取引をしたりすると、世界に一つしかないブロックチェーンという「取引台帳」にその内容が記載されるわけですが、通貨を偽造するというのは、この「世界最長の」ブロックチェーンを偽造するということになります。しかし、単独で「世界全体の秩序」に歯向かうなんてこと、不可能ですよね。ですから、取引するときは最も長いブロックチェーンが自動的に選ばれ、それが通貨の安全性と信頼性を担保しているわけです。

中央銀行のようなは発行期間や仲介機関は存在しないビットコインは、取引履歴をブロックチェーンに記憶させることで万能性を高めています。