ネットワーク監視とは

ネットワーク監視とは、コンピュータネットワークの機能や性能の低下や障害を定期的に監視する保守行為、もしくはそのシステムを指します。

ソフトウェアやネットワーク機器で状況を確認し、異常に負荷がかかっている場合や、サーバ障害が起きた場合、ネットワークの接続障害や機器障害といったトラブルを発見し告知する役割を担っています。

一般的にネットワーク監視システムでは、ネットワーク管理者にメールやパソコンのポップアップなどで警告が通知されます。

ネットワーク監視の種類について

ネットワーク監視には大きく分けて3つの種類があります。

1つは死活監視で、これはサービスが使えない状態になっていないかの監視で、一番重要な監視とも言えます。

2つ目は遅延監視で、これはサービスの使用に時間がかかりすぎていないかの監視となります。

また原因がどこにあるのかを確認するための、経路監視も共におこなわれます。

最後は状態監視で、監視対象機器のCPUやメモリの使用率などのリソースの監視となります。

この3つのポイントを総合してネットワーク監視と呼びます。

ネットワーク監視をする目的とは

ネットワークを監視する目的は、インターネットや社内システムなどのサービスを、不自由なく利用できるように維持することです。

障害が発生して長時間サービスを利用できなくなるといった事態を防ぐために、定期的にネットワークを監視し、必要があれば調査や警告をおこない環境を整えるための保守業務です。

ネットワークをユーザーに快適に使ってもらうための監視であり、トラブルを未然に防ぐことが目的とされている、重要な業務となっています。

社内のシステムが外部のネットワークに接続されている場合、ネットワーク監視により正しく接続されているか、負荷がかかり過ぎていないかをチェックする必要があります。