ネットが原因の風評被害

インターネットが普及した事によって、企業の商品に対しての批判であったり発言によって風評被害が生まれ、営業に大きな損害が生まれる事があります。インターネットでは、批判などの発言を誰でも自由に出来る為に正しくない情報でも書き込まれて拡散されてしまう事によって、それを見た人がそれを信じてしまう危険性があります。いったん書き込まれた内容は、あっという間に広がり消す事ができない為に、いつまでもその間違った情報が残ってしまいます。

誹謗中傷を解決する方法

風評被害対策として、インターネットに間違った情報が書き込まれた場合には、それを削除してもらうように掲示板管理者に依頼する事が必要です。その際に、どのような内容が書かれていたかを証拠として残しておくために、コピペして保存しておいたりプリントアウトして残しておく事が必要です。またサイトのURLなども分かる様に残しておく事が大切です。掲示板管理者への問い合わせの項目を探して、削除依頼をして確実に削除されたかを確認する事が重要です。

悪質な場合は刑事告訴をする

インターネットの掲示板に書かれた内容によって、不快な思いをしたり営業に支障がでるような場合は、刑事告訴や民事訴訟によって名誉毀損での告発や損害賠償を請求する事も必要です。書きこまれた内容を誰が書いたかを特定する事は個人で行うには難しい為、裁判所の判決によってプロバイダや掲示板の管理者に誰が書き込んだかを特定させて開示させる必要があります。インターネットによって生まれる風評被害を防止する為に様々な法律も改正されています。

Googleなどの検索エンジンで検索する際出てくる候補は多くの人が検索した組み合わせなのです。これをネガティブな候補にすることをサジェスト汚染といい信用が大切なビジネスではその誹謗中傷対策が肝要です。